会員企業のご紹介

株式会社ごん六水産

株式会社ごん六水産
社名 株式会社ごん六水産
代表者 浦上昭博
事業内容 水産加工品製造、卸、小売
所在地 富山市堀川小泉町481−20
お問い合せ TEL:076−425−5660

ごん六の味を知って富山の通となる

日本海の荒波に育まれた新鮮な魚介の宝庫”富山湾”。厳選された素材を生かし、伝統の味を守りつつ、時代に沿って造り上げたごん六の風味豊かな味の数々は、ご家庭でお子様からご年配の方々まで幅広く また、富山のなつかしい<香り>,<味わい>としてお土産、贈り物にと皆様に親しまれる事を願って日々精進しております。

珍味き 子<たらこの塩辛>

珍味き 子<たらこの塩辛>厳選したたらこを使用し、ごん六独自の製法で漬け込み熟成させております。淡白な味わいの中に生の風味が生きずいています。最初”きん子”という名称で販売して以来約半世紀余り、この間”き子”と名称が変わりましたが今もきん子として親しまれております。そのまま暖かいご飯にのせて また”きゅうり”や”いか”など白身魚と和えたり、スパゲッテイ等お好みでいろいろご利用いただけます。

いか黒作り

いか黒作り富山の代表的な珍味の一つです。当社独自の加工法によりまろやかでこくがあり生臭みがなく食べ易い味わいで小さいお子様のファンが多いのもうれしいことです。暖かいご飯にのせてお召し上がりいただくのが最高です。スパゲッテイやチャーハンもお勧め!!
二回水産庁長官賞受賞

ほたるいか沖漬

ほたるいか沖漬鮮度にこだわり、一匹ずつ目抜きしたほたるいかを特製のたれに漬け込み熟成させており独特のこくのある旨みが、極めつけの一品です。

ほたるいか黒作り

ほたるいか黒作り一匹ずつ目ぬきした新鮮なほたるいかの”わた”と熟成させた”いか墨”が口に入れたときにこくのある旨みをひきだし、ほたるいかの食感と相まって食通も唸らせる味わいです。一度は味わっていただきたい一品です。

白えび昆布〆刺身

白えび昆布〆刺身身ぬきした白えびの刺身と昆布を別にセットしており、そのまま お刺身として、またうずらの卵とお醤油を少々入れ、かるく混ぜるとご家庭で割烹なみのひと品ができます。
また 昆布で〆ると違った美味しさがあり お好みで味わいをお楽しみいただけます。


白えび踊り漬

白えび踊り漬世界でも数少ない漁場である富山湾で獲れる白えびは、透明な淡いピンク色で”富山湾の宝石”と言われ、これを釜揚げすると真っ白になります。当社では、特製の甘酢調味液に釜揚げした白えびを漬け、殻丸ごと召し上がれるよう柔らかく仕上げております。この加工法で農林水産大臣賞を受賞。人気の商品です。その他かき揚げなどいろいろ調理の工夫ができます。

かに甲羅みそ

かに甲羅みそ一匹の"かに"から少量しか取れないかにみそは珍味中の珍味です。日本海のベニズワイガニの甲羅みそに"かにの身"を加え 清酒でじっくりと炊き上げています。一度食べるとくせになりそう!!


















いかたらこ詰

いかたらこ詰調味液に漬け込み下味をつけて焼いた”いか”にちょっぴり辛み味で煮込んだ眞子をたっぷりと詰め まさに、手間をかけた当社独自の人気商品です。そのまま お好みの厚さに切ってお召し上がり下さい。なお 真空袋のまま、沸騰したお湯で温めていただくとより一層美味しくなります。 

まんぷく烏賊

まんぷく烏賊調味液に漬け下味をつけて焼いた”いか”に”もち米”・”こしひかり”をブレンドして詰め最後にちょっぴり辛み味で煮た眞子を詰めて満腹状態!!・・・・ごはんに<いか>と<眞子>のおかず付きという感じで食べても満腹!! 袋のまま沸騰したお湯たっぷりのお湯で20分程温めてお召し上がり下さい。


姿のせかまぼこ

姿のせかまぼこ鱈とグチを使用して”もちもち”と柔らかく弾力のあるかまぼこに<白えび><焼きさば>
<小鯛><スモークした鱒>等の食材をひとつずつ手でのせて造る”真心”のひと品です。口に入れた時、かまぼこと食材の程よい調和が味わいです。

◆このページの先頭へ